メルマガ登録
メールアドレス  >>

【2019年バンコク】ホリデーインシーロムに宿泊!クラブラウンジが素敵過ぎて篭りました笑


 

ホリデーイン シーロムに泊まった。

今回はキャンペーンのクリアを目指す目的もあったのですが、クラブラウンジ付きのお部屋の予約をしました。

日本円で13000円ほどで予約しましたが、大満足でした。

 

なお、クラブラウンジが素敵すぎまして、篭ってPC作業ばかりしてました。

この記事では、お部屋の様子、館内施設、クラブラウンジの内容などをご紹介します。

 

 

ホリデーインバンコクシーロム

 

 

お部屋

アサインされたお部屋はクラブラウンジがあるフロアで23階でした。

ラウンジに行くのにエレベーターに乗る手間が省けて良かったです。

 

 

 

このフロアの部屋はどこも同じタイプのお部屋みたいでした。私は2332です。

 

 

 

入り口から、左にクローゼット。その中にドライヤー、金庫、バスローブ、スリッパなど。

アイロン台があるのは珍しいですね!

グラスやカップ、紅茶などもありますが、飲み物はラウンジで頂きました。

 

 

 

お部屋の中は広めですね。ツインベッド、埋め込み型のTV、窓際にソファ。

ウェルカムフルーツもラップで包んであって衛生的です!食べませんでしたが笑

 

 

 

水回りはシャワーエリアとバスタブが独立してるタイプ。アメニティも充実してます。

少しシンクが浅いかな?汗

基本的に何も困らないし、窮屈感もまったくありません。

 

クラブラウンジ

基本、ほぼ一日中こちらでPCやらスマホをいじってました。

最近では海外のホテルはクラブラウンジのアクセスが付いた部屋を取ることが多いのですが、

色々な面で本当に楽ですね。

朝食、アフタヌーティー、カクテルタイムと大まかにはこの3つの時間帯でフードや飲料が切り替わります。

 

 

 

 

アフタヌーンティータイム

 

この時間はお客様もほとんどいません。

飲み物はソフトドリンク類とコーヒー、紅茶。おつまみに至ってはクッキーのみでした。

しかし、PCなどの作業や読書タイムとして使うにはもってこいの時間です。

 

 

カクテルタイム

 

だいたいどこのホテルも2時間の設定ですね。お酒やカナッペ、ホットミール、パン、スイーツなどなどが食べ放題。

そして、日中のソフトドリンクに加え、ビール、ワインなどがラインナップに加わります。

因みにこちらのホテルにはスパークリングワインはありませんでした。

 

 

 

夕陽を見ながら黄昏てしまいました。笑

ホテルによっては泊まっていない友達を呼んだりも(有料)可能ですので、確認してみてください。

 

朝食

 

朝食はフロントがあるフロアーの端っこにあります、ブラッセリーで頂きました。

 

ブラッセリー

カジュアルでシックな終日営業の店内では、市場の新鮮な日替わりメニュー、アジア料理、西洋料理を取り揃えた各国料理のビュッフェを提供しています。ライブ麺とパスタのステーション、Tandooriオーブン、鉄板焼きのグリルがあります。Brasserieはロビー階にあり、毎日144名まで収容可能です。

場所:ロビー階

サーブ:朝食、ランチ、ディナー

営業時間:6:00 AM-10:30 PM

 

 

とにかく広くて賑やか?でした笑

種類も多くて食べすぎ注意です!

 

 

館内施設

 

プールは開放的です。低い階にあるので、周りの建物から見えてしまうのは少し残念ですが、広々していて良いですね。

 

 

トゥクトゥクのシャトルもあるようです。BTSの駅まで運んでくれるのは便利ですね!

今回は利用しませんでしたが。

 

まとめ

今回バンコクで泊まった、ホリデーイン シーロムですが、

クラブラウンジのアクセス付きの部屋で13千円と安かったです。

 

カクテルタイムでそれなりにお腹がいっぱいになりますので、

外に出ずに篭って作業などにも向いているかもしれません。

 

なお、ホテルのアクセスに関してはすいません、前のホテルから直接GRUBでドアtoドアだったので、お伝えすることが出来ません。

 

以上、泊まる方の参考になれば幸いです。

 

メルマガ登録
メールアドレス  >>

リモートワーク×ドバイ

 

管理人:ドライバーK

起業を経て、

『トラックドライバー×海外』

のデュアルライフを確立!

その後、2021年にドバイで起業!

「リモートワーク」を武器に、

その過程や旅行のノウハウを随時発信中!

  【Kってどんな人?】

カテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ