メルマガ登録
メールアドレス  >>

【2019年最新】バンコクの両替ならVASU!ホリデイインエクスプレス、バンコクスクンビットから近いです!


バンコクに到着して現金を両替する場合、なるべく良いレートで替えたいと思いますよね?

そんな時におススメするのがナナ駅近くにあるVASUです!

 

 

今回はそこからもほど近いホリデーインエクスプレス、バンコクスクンビットに泊まりました。

実はエクスプレスブランドは初めての宿泊でした。

この日は夕方にバンコクに到着し、ホテルで寝るだけの状況でしたので、

ちょうど良いタイプのホテルとして選択しました。

 

 

両替は翌日に行いました!

ホリデイインエクスプレス バンコクスクンビット

 

 

この記事では、お部屋の様子、夜に食べた食事、朝食、

無料のトゥクトゥク送迎、またVASUでの両替のレポートになります。

 

 

アクセス

空港から電車でスクンビット駅まで来て、そこからはGrab を利用しました。

 

75バーツ、270円くらいですね。安すぎです!

 

 

 

理由はスクンビット(アソーク駅)から乗り換えて1駅なのと、

かつそのナナ駅からも10分ほど歩く距離だったということ、そして何よりもスーツケースを持っていたので体力的に厳しいから、、という感じです。笑

 

お部屋

部屋は1番安いお部屋を素泊まりで予約。

 

 

プラチナメンバーとしてのアップグレードは特になく、高層階へのアップとのことでした。

最低限の設備という感じですかね。寝るだけですので、特に問題もありません。

 

 

 

水回りです。

こちらも実にシンプルです。

バスタブがないのが、少し残念ではありますが、ホリデーインではデフォルトでしょうか。

 

夕食

 

夕食は時間もなかったので、このホテルの入り口出てすぐにある、

ハンバーガー屋さんでテイクアウトしました。

 

ハンバーガー2つとポテトで700バーツ。

ホテルのフロントでビール2缶220バーツ。

合計で3300円。。

 

冷静に考えるとちょいと高くつきましたがこの日は時間を優先ということで、、笑

参考までに。

 

朝食

 

ホテルの地下にあるこちらの会場、宿泊者は全員無料で頂けるようです。

エキスプレスブレイクファーストと言うことで、気軽に食べれる感じでした。

 

 

 

サラダ、パン、パッタイなど一通りの品揃えです。

マシンでは作れないカプチーノはお願いしたら上のレストラン?で作って持ってきて下さいました。

 

 

 

こんな感じで野菜モリモリで頂きました。

私としては十分すぎる内容で満足でした!

 

 

送迎のトゥクトゥク

 

ホテルからほぼ30分おきに出ています。

フロントで声をかけるとロビーで待っててと言われますので、座って待ちましょう。

 

 

ホテルからスクンビット通りのナナ駅まで約5分くらいで運んでくれます。歩くと10分以上かかるので、これは使えるのならば利用しましょう!

 

 

VASUでの両替

 

VASUの場所は分かりやすくて、ナナ駅からすぐです。スクンビット通り沿いにあります。

ホテルからのトゥクトゥクがナナ駅まで送ってくれるので、降りて、道沿いを歩くと2.3分で到着します。

 

見逃すことはないと思います!

 

 

 

お店に入ると日本の銀行みたく呼び出し番号が書いた紙を貰えますので、座って待ちます。

その際、パスポートの提出(コピー)を求められます。

 

今回はとりあえず1万円を両替しました。レート「0.283」は私が見た中でトップでした。

*スーパーリッチよりも高かったです。

 

 

 

 

だいたい5分くらい待ったらカウンターに呼ばれますので、現金を受け取って終了です。

 

念のため、スリなどには気をつけましょう!

 

 

まとめ

バンコクでの両替は私が見た中ではVASUがトップでした。

とは言え、そんなに大差が開く訳ではないので、時間を優先する方はスーパーリッチなどの両替所でも良いですね。

 

泊まったホリデーインエクスプレスはとにかくリーズナブルで朝食も付きますので、使い方次第ですね!無料の朝食、トゥクトゥクもありますのでうまく利用しましょう!

メルマガ登録
メールアドレス  >>

リモートワーク×ドバイ

 

管理人:ドライバーK

起業を経て、

『トラックドライバー×海外』

のデュアルライフを確立!

その後、2021年にドバイで起業!

「リモートワーク」を武器に、

その過程や旅行のノウハウを随時発信中!

  【Kってどんな人?】

カテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ