メルマガ登録
メールアドレス  >>

【フィリピン】ロックダウン時はコレ!グラブフードは留学生の味方!?


 

 

フィリピンでロックダウンが始まって約2週間が経とうとしている。

 

 

そんななか、なかなか思うような食事にあり付けない人も少なくないと思う。

 

 

観光で来て帰れない人、留学で来たけど学校が閉まって打ちひしがれているいる人。様々だと思います。

 

そんな人に、今回はたまには違った食事を楽しんで気晴らしをしよう!っていう意味も込めて「デリバリーフード」のグラブフードをご紹介します。

 

 

普段はマレーシア内の移動でグラブタクシーを使っているのですが、グラブフードは初めてだったので、少し緊張しました。

 

 

日本でもウーバーイーツなどが利用出来ると思いますので、ロックダウン時の参考になれば幸いです。

 

 

 

フィリピンのグラブフードとは?

 

 

ただ今、フィリピンでは絶賛ロックダウン中なんですが、一部のスーパーマーケットと薬局、

そしてデリバリーで対応可能なお店のみが営業している状況。

 

 

1家に1枚政府から出されたパスがあれば買い物に出れるので、それを使ってスーパーなどに買い出しに行けば普段通りの生活は可能です。

 

しかし、例えばロックダウンで帰れなくなった外国籍の人にはこのパスが出ないので、食事などが死活問題となっています。

 

そんな中、私が東南アジア各国で普段はタクシー配車で使っている「GRAB」をフードデリバリーとして利用してみました。

https://yoiotona.com/malaysia/malaysia-grab.html

 

マレーシアではほぼコレで移動してます。

 

 

 

結果としては、満足度が高かったです。

 

 

 

バコロドでグラブフードを使ってみた!

 

 

 

早速ですが、このグラブフードの使い方を一連の流れでお伝えします。

予想していたよりもはるかに楽でビックリしました。

 

 

何事も経験ですね!今回は私がいるバコロドの例になります。ネグロス島でも使えるとはありがたい!!

 

 

 

 

 

早速アプリを立ち上げましょう。こちらのGRABアプリトップページから赤丸のFOODを選択します。

 

 

グラブカーの他に、ホテルやデリバリーなんてのもあるんですね〜。

ロックダウンが開けたら使ってみようかしら。

 

続いて、買いたいと思ったレストランやお店をクリックして買う商品も決めましょう。

 

 

 

 

 

 

今回私は初挑戦のジョリービーにしてみました。

写真のハンバーガー、ポテト、スパゲティ、ジュースのセットで116ペソ!(激安すぎる!!)

 

 

 

 

 

私のドライバーが見つかり、25分から30分で到着との表示になりました。許容範囲内ですね。

 

 

因みに、グラブフードはキャッシュ払いかカード払いか選択可能です。

予めアプリにカード情報を登録しておくとすんなりカード払い出来ますので、オススメです!

 

 

 

 

 

ドライバーが店舗に到着するとこの画面に切り替わります。

この後約20分で到着予定みたいです。あとは首を長くして待ちましょう。笑

 

待ち時間で英語の勉強などをしているとあっという間に時間が過ぎました。

 

 

 

 

 

到着すると、ドライバーからarrivedのメッセージが届きます。寝過ごしたりしないように注意しましょう。

 

 

私は過去に日本でウーバーイーツを注文した時にやらかし、大変な目に遭いました。。

 

 

 

グラブフードの品が到着!開封の儀!?

 

 

イケてる兄ちゃんが到着です!今回はカードで注文しているので、支払いはなく、

モノを受け取るのみ。めちゃ楽です。

 

 

とりあえずジュースなどが漏れてないかだけを確認して、兄ちゃんとバイバイ。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ということで部屋に持ち帰り、開封の儀を執り行う。

このマスコットの笑顔がまた良いですね!笑

 

 

 

 

 

 

ジャーン!パーフェクトな運搬に感動すら覚えました。

考えるに、このフィリピンのロックダウンで街も道も空いているからドライバーもストレスなく

仕事を遂行しているのではないかと。

 

 

 

バコロドのロックダウンで使ったグラブフードのまとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

グラブフードは、ロックダウンの味方になり得ますし、もちろん通常時にも汎用性が高いことが立証されました。

 

 

 

 

 

 

今回注文した品が116ペソで+デリバリーフィーが59ペソ。

合計175ペソですので、日本円で400円弱でしょうか。

 

 

たまには、違うものが食べたいですし、何よりもこんな状況で少しでも経済を回す手伝いが出来るのであれば、本望です。

 

早く終息して、活気あるフィリピン、活気ある日本、活気ある世界に戻ることを願います。

 

 

 

 

メルマガ登録
メールアドレス  >>

リモートワーク×ドバイ

 

管理人:ドライバーK

起業を経て、

『トラックドライバー×海外』

のデュアルライフを確立!

その後、2021年にドバイで起業!

「リモートワーク」を武器に、

その過程や旅行のノウハウを随時発信中!

  【Kってどんな人?】

カテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ