メルマガ登録
メールアドレス  >>

株主優待クロス取りで行う「現渡し」とは?解説します!


めちゃくちゃお得な「株主優待クロス取り」ですが、今回は「現渡し」についての説明です。

「現渡し」って一体なんぞや?って方に向けて書いてます。

さて、例えば3月の株主優待クロス取りですと、3月26日の9時から15時まで欲しい株主優待の株を保有すると良いのですが、そのために「信用売り」と「現物買い」を同時に入れます。相殺ですね。

これら2つを別々に見ていくことで理解できると思うので説明します。

まずは信用売り

信用売りとは、SBI証券から株を「借りて売る」という事です。

(*信用売りにも「一般信用売り」と「制度信用売り」があるのですが、今回は省略します)

権利付き最終日を超えると株価は基本落ちますので、下がったところで買い戻すとその分が利益になります。

(借りて)1000円で売る→900円で買い戻す→100円の利益。

ANAですとこんな感じでガクンと下落してますね。

一方の現物買い

こちらはそのまんまですね。

1000円で買う→900円に落ちる→100円の損失。

そして今回の「現渡し」ですが、「信用売り」と「現物買い」を同時に入れてるので、信用売り分を買い戻すのではなく、

同時に現物買いで保有してる株を信用売りした分に渡す(返す)=「現渡し」ということです。

信用売りで借りてる株を現物買いで買った株で返す=現渡し、という事ですね。

これでリスク0で相殺されます。

当然売り買いの手数料はかかるのですが、この現渡しには手数料がかかりません。

というわけで現渡しの説明でした。やはり株主優待クロス取りはお得ですね^ ^

メルマガ登録
メールアドレス  >>

リモートワーク×ドバイ

 

管理人:ドライバーK

起業を経て、

『トラックドライバー×海外』

のデュアルライフを確立!

その後、2021年にドバイで起業!

「リモートワーク」を武器に、

その過程や旅行のノウハウを随時発信中!

  【Kってどんな人?】

カテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ