メルマガ登録
メールアドレス  >>

【2019年度版】リッツカールトン クアラルンプールに宿泊


 

先日泊まった、リッツカールトンクアラルンプールのご紹介です。

 

 

この日はクラブラウンジ付きのプランで泊まったので、

クラブラウンジやその他施設もご紹介致します。

 

 

なお、私はマリオットのプラチナプレミア会員ですので、

その視点で書いております。

 

そして、この宿泊に関して結論から書きますと、多少の不満はあったものの、

概ね満足の滞在となりました。コストパフォーマンスも良かったです。

 

 

この記事では、

 

①お部屋のご紹介

②クラブラウンジ5回のフードプレゼンテーションについて

③サウナ、プール

④朝食会場

 

について、【2019年版】としてご紹介していきます。

 

 

お部屋

 

お部屋は16階の通常のデラックスルームでした。

このフロアーはコーナーがスイートになっているのでしょうか?

いつかは泊まってみたいですね。

 

 

 

 

特筆すべきは、このフロアーのエレベーターが1階のクラブラウンジと直接繋がっている点でしょうか?

 

 

通常ですと、エレベーター降りてクラブラウンジの入り口からアクセスとなるところ、

こちらのエレベーターを利用すると、出入り口がクラブラウンジの真ん中にあり、

スムーズに入室することが可能です。

 

 

今まで大阪と東京のリッツカールトンに泊まりましたがコレは初めてで、

とても便利な印象です。

 

 

 

クラブラウンジ

 

クラブラウンジは東京、大阪と違い地上フロア1階にあります。

 

 

景観面としては劣りますが、外にはテラス席があり、これはこれで新鮮で良いです。

 

 

 

 

 

5回のフードプレゼンテーションのうち、私らは4つに参加しました。

 

 

朝食は明らかにコバルトルームの方が種類が多く、優っています。

ですが、こちらの方が圧倒的に人数が少ないので、

静かに召し上がりたい方はこちらを選ぶ方が良いです。

 

 

ランチはコースっぽく、スープ、前菜、サンドイッチと運ばれてきました。

はっきり言って大満足でした。

 

特にこの日のスープが私的に激ウマでしてトマトスープは本当にオススメです。

 

 

次にアフタヌーンティーです。

こちらは一言、「残念」でした。

チェックイン後すぐに頂いたのですが、噂に違わぬチープ感でした。笑

 

アフタヌーンティーを楽しむならば、ロビーラウンジの方を選ぶべきでしょう。

 

 

その後私はサウナへ行きました。こちらは空いてて良かったです。

しかし、サウナの温度が80℃と低く、私には物足りませんでしたね。

 

 

 

 

 

サウナ後はお部屋でまったり読書などをし、その後、改めてクラブラウンジへ。

カクテルタイムでお酒を頂きます。

 

フード内容としては、正直微妙でして、ホットミールは1種類のみでした。

ここで夕食代わりにとはいかなそうです汗。

 

スパークリングはマソッティーナプロセッコでした。

少し頂き、パビリオンの鼎泰豊へ食べに出ました。

 

 

 

サウナ、プール

 

サウナとプールは4階にあります。受付はどちらも同じで、

部屋番号と氏名を記入して、鍵を受け取り更衣室へ向かいます。

 

 

注意事項に関しては特にないのですが、

サウナ、ジャクジー、プールは18歳以上の利用に限られておりました。

 

 

またその際、水着着用とのことで、サウナでは違和感を感じてしまいました。

 

 

 

 

 

プールは直接日が当たらないところにチェアーがあり、居心地が最高でした。

日中はこちらで読書や、PC持ち込んでのちょっとした仕事もこなせそうな感じです。

 

 

また、プール入り口にドリンクバーがあり、そこでちょっとした生搾りドリンクなども頂けます。

この辺りは、さすがのリッツホスピタリティと言えますね。

 

 

朝食はコバルトルームにて

 

 

朝食会場はコバルトルームという開放的なブッフェレストランにて。

 

 

 

 

こちら、ゆうに150人くらいは収容できそうなくらいな広大なスペースで、

窮屈感は全くありませんでした。

 

 

マレーシアではお決まりのヌードルバーやエッグステーションはもちろんのこと、

「お好み焼き」もどきみたいなフードもありました。

 

その他サラダ、パン、デザート、ホットミールなどなど盛りだくさんの内容で満足出来ます。

 

 

ただ唯一、卵焼き用のケチャップが見つからず、

スタッフさんに聞いたら引き出しから瓶詰めを出してもらえました。

これ探すのに三周くらいしちゃいました汗

 

 

 

 

 

どうも食べ過ぎてしまいます。ご馳走さまでした。

 

 

まとめ

 

ブキビンタン駅からのアクセスが比較的に良く、

近くにパビリオンという巨大なショッピングモールがあるので、

色々な意味で便利なホテルでした。

 

マレーシアの原宿と言われるだけあって活気に満ちてます。

 

 

また、この日は夜の便で飛行機に乗る予定があったので、

レイトチェックアウト(16時まで)のリクエストにも応じて頂けました。

 

さらに17時までクラブラウンジで待機させてもらい、

タクシーで空港まで向かいました。ホテルには感謝感謝です。

 

 

リッツカールトン特有の5回のフードプレゼンテーションをはじめ、

スパやプールなど1日ホテルに篭っても全然問題ないなと思いました。

 

 

また泊まりたいですね。

 

 

 

メルマガ登録
メールアドレス  >>

ドライバー× 海外×リモートワーク

 

管理人:ドライバーK

起業を経て、

『トラックドライバー×海外』

のデュアルライフを確立!

 

独自のスタイルで東南アジアへ飛び出す。

「リモートワーク」をテーマに、

その過程や旅行のノウハウを随時発信中!

  【Kってどんな人?】

カテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ