メルマガ登録
メールアドレス  >>

【確実なリターン】IPO投資で「確実」に儲ける方法をご紹介!


 

IPO投資をご存知でしょうか?

 

Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略で、

新規上場株式のことですね。

 

 

簡単に言うと、新たに新規上場する会社の株を購入するということです。

 

そして、上場前に安く買った株を上場日に売ることで利益を出すことを、IPO投資と言います。

 

上場は東証1部から東証2部、マザーズなど条件によって様々なステージがありますが、IPOは様々です。

 

今回の記事では、このIPO投資で「確実」かつ「ノーリスク」で利益を出す方法・申し込み手順などをお伝えします。

 

 

例のごとく結論から申し上げますと、

・SBI証券からIPOを申し込みます。

・抽選からハズレた場合、IPOチャレンジポイントが1ポイント貰えます。

・これを貯めていき、欲しい銘柄のIPOを手に入れます。

・利益が確定。

 

以下、詳しく見ていきましょう。

 

と、その前に実際にわたしが今現在貯めたポイントです。約1年半かけて貯めました。

 

173回落選して、貯めたポイントになります。積み上げとはこのことですね。

 

 

 

IPOの申し込み手順

SBIにログインして「国内株式」から「IPO・PO」をクリック

 

 

続いて、下にスクロールしていくと、

 

 

申し込み出来る銘柄は赤丸のところみたくオレンジ色の「申し込みボタン」がありますので、そこをクリック。

 

 

 

そして、自分の資金から申し込める株数を打ち込み、価格はストライクプライス、IPOチャレンジポイントは「使用しない」をクリックし、最後に取引パスワードを打ち込みます。

 

 

ストライクプライスとは、どの値段になっても購入する、という意味です。

 

 

また、IPOポイントが貯まってる場合は、ポイントを使用して株を購入しても良いでしょう。

なおその際、人気銘柄になると必要ポイント数が上がる傾向にありますので、ご注意ください。

 

 

 

最終確認をして「申し込み」です。手順は以上になります。慣れると2.3分で終わります。

IPOに落選

IPOに落選するとチャレンジポイントが1ポイント貰えます。

これを貯めることで確実にリターンを得られます。

 

 

しかし、貯めるのに、期間がかかるのがデメリットで、コツコツ継続できる人のみが得られる利益となります。

 

 

具体的には、2017年・2018年ともに90社の上場でしたので、だいたい私が貯めたポイントと重なります。

 

つまり、3年近く貯めて初めて大きな利益となるワケです。

 

IPO当選のコツ

実際のところ、ハズレを貯めるのではなく、普通に抽選で当てれば利益になるワケですので、正攻法としてIPO当選を狙いたいところです。

 

IPOで当選するコツは3つで

 

①大量に申し込む

②複数アカウントで申し込む

③主幹事で申し込む

 

この3点です。

 

①に関しては、例えば一口10万円ならば、1000万円分申し込めば100口となります。

ということは、当選確率が単純に100倍となります。お金持ち有利ですね。

 

そして②に関しては、家族分のSBI口座があれば4人家族でそれぞれ10万円分の購入で4口の申し込みとなります。

計40万円です。

 

ということは、当選確率が4倍の計算になります。

 

③はSBIではないかもしれませんが、主幹事の証券会社からIPOを申し込むということです。

これにより、配分が多い分、当たる確率もグンと上がります。

 

 

まとめ

とにかく、コツコツとIPOの申し込みをすることで、最低でも3年で大きなIPO株をゲットでき、利益を得ることが出来ます!

 

当然その間にも抽選で当たることも考えられますので、とにかく数を申し込むこと、これに尽きると思います。

 

 

IPO投資ってブログ運営に似てまして、ノーリスクで長期的に回収するものだと思って下さい。

 

 

コツコツタイプの方にはオススメですよ!

 

メルマガ登録
メールアドレス  >>

リモートワーク×ドバイ

 

管理人:ドライバーK

起業を経て、

『トラックドライバー×海外』

のデュアルライフを確立!

その後、2021年にドバイで起業!

「リモートワーク」を武器に、

その過程や旅行のノウハウを随時発信中!

  【Kってどんな人?】

カテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ